どこで投資信託を買うべきか

投資信託を販売している所は、主に証券会社・銀行・郵便局で買う事ができます。
それぞれの販売場所でどのような違いがあるか説明していきたいと思います。
証券会社は、もともと投資信託を販売していたので、取扱いの期間が長く商品も多く
取りそろえている所が多いです。投資信託にかかる販売手数料は、販売会社によって
異なります。証券会社でも対面やネットなど様々ですが、最近のネット証券では
ほとんど販売手数料がかからない投資信託を多く取り揃えているようです。
また、ネットなどで商品の詳細等も詳しく見る事ができます。
銀行は、もともと取扱いをしていませんでしたが、金融自由化に伴い銀行でも投資信託の販売が可能になりました。最近では銀行も投資信託の種類を増やしているようですが、証券会社に比べると数が少ないという事や銀行によっては、その銀行系の運用会社の投資信託の商品が多いといった特徴があるようです。預金の他に投資信託を資産と組み合わせる提案などができる事から、投資信託の説明ができる行員が増えてきています。運用実績の状況などうぃネットでリアルでみれないなどという所もあり、銀行によってサービスに格差があるようです。
郵便局も銀行と同じように、金融自由化の流れをうけて銀行業務の中で、投資信託の販売を取り扱いはじめました。銀行と同じように投資信託商品の扱い数は少ないです。しかし。郵便局なので、利用しやすいというメリットがあります。

1,000円単位で購入できるのが投資信託

投資というと借金をして大金を動かすイメージがありますが、最近では月に1000円から積み立て感覚で投資信託を購入することができます。
私は月に1,000円を2箇所で、計2,000円分の投資信託を、楽天証券で購入しています。楽天銀行から24時間入金可能なので、楽天銀行にある程度の預金があれば購入時にお金が足りなくなることはありません。
配当金は普通預金の金利よりもはるかに高く、今のところ損はしていません。
景気によっては大損をすることもあるかもしれませんが、借金で投資しているわけではないので、また景気が良くなるのを待つというのも手ですね。
自分が生きている間、景気は悪くなりっぱなしということはまずないので、余裕のある金額を少しづつ積み立てることで、資産を分散して持つことができます。
日本円を信用して円で資産を持つというのも、一つの考え方ですが、資産を分散して持つことで結果的に損をしないようにするというのも、間違ってはいないはずです。
月に10,000円の投資というのは、かなりリスクを伴いますが、月に2,000円ならリスクにはなり得ないのではないでしょうか。
今のところ金額を増やす予定はないので、10年経ってもそれほど大金にはならないと思いますが、半分くらい現金にして旅行にでも使おうかななんて計画しています。